住宅ローンの低い金利のメリットとは?

住宅ローンの概要としては、本人及びその家族が居住することを目的として「住宅」や「土地」を購入や増築をする際に金融機関から受ける融資のことをいいます。
日本国内では物価や地価は徐々に高騰している傾向にあり、日本国民の年収を遥かに上回るパターンが一般的となっています。
住宅ローンはそれらを購入する際の購入資金を対象とした融資となっており、金利も低く設定されていることも多く、返済期間に関しても35年まで可能な点などが特徴として挙げられます。
まt、あ住宅ローンを取り扱う金融機関としては「普通銀行」や「信託銀行」、または「労働金庫」など民間による「預金取扱金融機関」が取り扱うことが一般的となっています。
また、貸出条件としては、融資を受ける債務者に給与などの安定した収入がることや、銀行などの金融機関が「信用保証会社」が貸し手に対して連帯保証を承諾して、債務保証委託の契約を結ぶことが最低限の条件としています。